topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハインリッヒの法則 - 2012.12.28 Fri

blog-9907.jpg

化学工場等危険な場所で働く人たちの間では常識ですが
ハインリッヒの法則といういうものがあります。

一つの重大な労働災害が起こる
1つの重大事故の背後には29の軽微な事故があり、
その背景には300の異常が存在するというものです。

例えばすべりやすい床があったとして
そこで転んで大けがをするような災害が起こる背後には
29件の滑って転ぶような軽微な事故があって
その背景には滑りそうになってヒヤリとした等が
300件くらいあるというものです。

これはワンコとの生活にも当てはまる気がします。

例えば、ワンコが車道に飛び出して轢かれてしまうという
重大な事故が起こる背後には
きっと、リードを離してしまってワンコが車道に飛び出したけど
たまたま車が来てなかった等の事件や
首輪が抜けてヒヤリとしたような体験があるはずだと思います。

製造現場等ではヒヤリハット摘出と言って
ヒヤリとしたことや
ハットしたことを
自分の中に留めずにみんなに報告して
それを放置せずに必ず対処するようにします。
そうすることで大きな事故に発展するのを事前に防ぐのです。

ワンコとの生活は
ヒヤリとしたり、ハットすることがたくさんあると思います。

首輪が抜けてヒヤリ
リードの金具が壊れていてヒヤリ
ドアを開けたら急に飛び出してヒヤリ
テーブルに置いていた食べ物を食べられてヒヤリ
急に車を追って車道に出そうになってヒヤリ

首輪が抜けてヒヤリとしたときは
散歩に出る前に必ず
首輪の緩みをチェックするようにする等の対策を考えて
大きな事故に発展しないようにしないといけないと思います。
リードを着けたときは、必ず一回ゆるみがないか引っ張ってみるとか
ドアを開ける前は必ずオスワリさせて待たせるとか
ちょっとした対策の組み合わせが大切だと思います。

さらに万全に安全対策を行おうと思ったときは
潜在的にヒヤリとすることはないかを探します。

例えば、首輪が抜けてはじめてヒヤリとするのではなく
散歩へ行く前に首輪を見たときに、
どんなヒヤリが起こりそうか一生懸命考えるのです。
そして、首輪が緩かったら首輪が抜けてヒヤリとするかもしれないと
先にイメージでヒヤリとしてしまいます。

そうすると実際にヒヤリとしなくて済むので
もっと安全です。
これは一歩進んだ方法で
「潜在ヒヤリを摘出する」と言われている方法です。

ヒヤリをヒヤリの段階で終わらせて
末永くワンコとの生活を楽しみたいものです。


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。
スポンサーサイト

犬の社会保障を考える、ボーダーは100匹に1匹くらい? - 2012.05.12 Sat

IMG_6602.jpg
↑とっさの一枚。フレアが入ってるし、脚が切れてるのが惜しい

本日不在のため、予約投稿です。

調べてみると日本では18%くらいの世帯が
犬を飼っているそうです。
単身で飼う人は少ないので、こんなもんか~って数字ですが
二人以上の世帯では、
なんと25%くらいが犬を飼っているようなのです
(2009年の調査)。
出典はこちら

単身世帯以外では
4家族いたら1家族は犬を飼っているってすごいですね。

IMG_6606.jpg
↑とっさにボールにピントを合わせてしまった…惜しい

ちなみに日本の農業従事者は
就業人口の5%弱です。

何が言いたいかというと
実は農業関係の団体って
かなり政治的にパワーをもっているんです。
国の農業保護政策はものすごいです。
(それが今日の農業の行き詰まりの原因でもありますが…)
それは、選挙の票になるからなんですけど
でも、たった5%です。

IMG_6604.jpg

一方でワンコ飼い人口は世帯で4分の1ってことは
かなりのものです。
しかも、単身者は選挙に行かない人が多そうなので
実質的な有権者のかなりの割合になりそうです。

これだけの人数がいるんだから
もっと犬関係のことについて
潜在的には政治的パワーがあるんじゃないかな~ってことです。

日本愛犬党とかできたら
意外と強いんじゃないでしょうか(笑)
この際、ネコ飼いも足しちゃえば
与党になれるんじゃないでしょうか(゚∀゚ )

IMG_6596.jpg

パブコメとかじゃなくて
やっぱりこれからの選挙は各党
犬政策についてもちゃんと公約を作ってほしいですねヽ( ´_つ`)ノ
きっと、投票率もあがりますよ~

う~ん、例えば
ペットフードやペット関係、動物病院の診療費等に
ほんのちょっとだけ、愛犬税をかけます。
その税は目的税にして
そのお金で保護犬を養ってあげましょう。
愛情の再分配です。
犬界の社会保障です♪

そのかわり、捨て犬をした人は、
死刑((((;゚Д゚))))

ペット市場って1兆4千億円くらいあるらしいので
1%動物愛護税をかければ、
実際はそんなに単純じゃありませんが
140億円になります。10%で1400億円です。

それなりの額ですが
う~ん、たぶんこれじゃ日本中の保護動物は救えないかな~

でも、今よりはマシになる気がします。

愛情や喜びの再分配が
社会保障の基本だと思います。
殺処分される犬が減るようなインセンティブに
そういう税金を使ってもいいかもしれませんね。

IMG_6601.jpg

統計を見ると
ボーダーコリーは飼育されている犬のうち
1%くらいがボーダーコリーのようです。
100匹犬が飼われていたら
そのうち1匹がボーダーってことですね。

もし、1学年が400人の犬の学校があったら(どんな例えだ?)
学年に4人しかボーダーはいないってことですね。
意外とレアな存在です。

例えば100人の村があったら一人だけボーダーコリーですね。
(あまりわかりやすくなっていない)

100人に一人というのは
給食費未納の人の割合と同じようです(゚∀゚ )

毎年日本では100人に一人が交通事故で死傷するそうです。

まあ、ボーダーっていうのは
それくらいの割合なんですね(わかりにくぅ!)

2009年の統計なので、今はもっと多いかもしれませんけどね~

IMG_6598.jpg

ボランティア的にワンコを保護する団体の活動は
すばらしいです。
でも、やっぱり一部の人にものすごく負担がかかるのではなく
ワンコ飼いたち全体で
生を受けたワンコ達を支える仕組みが必要じゃないかなと思います。

日本は少子化なのに
ワンコの数は増えているようです。
そのうちワンコにも働いてもらって
税金を納めてもらわないといけなくなるかもヽ(´▽`)/


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。

除草剤について - 2012.04.25 Wed

IMG_4316.jpg

最近は暖かくなってきて
草もたくさん生えてきました。

朝は夜露で草むらに行くと濡れてしまいます。

IMG_4295.jpg
↑朝の河川敷は霧が多いです。

まあ、多少濡れてもいいかと思い
今朝はいつも通り河川敷でモフと遊びました。

そして、帰るときに
ふと遠くを見ると何かをしているおじいさんの姿が。

よ~く、見ると機械を使って何か撒いていました。

IMG_4338.jpg

だいたいいつも会社につくと
始業まで30分くらい勉強するのですが
あまりにもおじいさんが何か撒いていたことが気にかかり
勉強せずにとりあえず調べてみました。

昔、除草剤のことを心配になったので、
川を管理する者が
率先して水質を汚すなんてあってはいけないということで、
河川敷への除草剤の使用は禁止されていたんで、安心していたのですが…

このことは、公の文書に書いていました。

IMG_4310.jpg

ネット社会はすばらしいもので
既に同じ疑問をもって調査している人がいました。
裏はとれていませんが
その人の調査結果によると
そこの河川敷でパークゴルフをする団体があって
そこがきれいな芝生を維持するために
除草剤をまいているとのこと。

使用している除草剤はMCPP(α-(2-メチル-4-クロロ)フェノキシプロピオン酸カリウム)を
主成分とするものだったそうです。

そこの川では鮎を釣るひともいるし
漁師さんもいます。
モフの散歩時間にはほとんどいませんが
日中は子供も遊んでいたりするし
もちろんワンコの散歩のメッカでもあります。

その調査した人が
除草剤を撒いているおじいさんに
「ここは漁師さんが漁をしたりする川ですよ」と言ったら
「わしらは魚は獲らないので」と答えたそうです……
なんと無責任な!!!!

いちおう市の公園緑地課かどこかに許可をとって
除草剤を撒いているとのこと。

IMG_4329.jpg

なんか違和感を感じます。

何も撒くのが悪いというつもりはありませんが
仮に許可をちゃんととっているとしても
その薬の使用上の注意にも書いてあるのですが
散布中や散布直後に周りに人がこないように
適切な処置をしなければならないはずです。

なんか、モフと普通にボールで遊んじゃったよ……
私もモフも触りまくりだよ……
とかなり凹みました。
ゴメンよ、モフ。もっと早く気が付けばよかった(-_-;)

ここからは私の専門分野に近いので
MCPPについて調べました。
私の調べた範囲では毒性はかなり低いようです。
(植物に特異的に効果があるらしい)。

モフが遊んでいた場所に
撒いたかどうかはわかりませんし
仮に撒いていたとしても
今更どうしようもないし。
まあ、除草剤は毎日撒くようなものでもないので
これまで継続的にモフが舐めていたとは思えません。
それが唯一の救いです。

MCPPは植物に吸収されなかった場合
いろんな影響で数日で不活性化するようです。
あとは、雨で流されればほとんど残らないようです。
明日は雨だし
しばらくはその場所へ行かないようにしようと思いました。
別の遊び場所はみつけました。

IMG_4343.jpg

MCPPについて、いろんな実験結果がレポートとして
まとめられていました。
中にはイヌへの影響を調べたものもありました。
(動物実験の結果なので、非常に嫌悪感を覚えましたが…)
毎日継続的に大量に摂取した場合、
様々な障害があらわれるようですが
少量の場合はすぐに体外へ出ていくので(主に尿)
私がなんとなく計算した量では
仮にモフが舐めていたとしても
全く問題ない範囲かなと思いました。

現にモフも元気ですし……

それにしてもです、
自分の家の庭に撒くなら
どうでもいいんですが
仮にも公の場で使用するんだったら
やるべきことがあると思います。

地元の知り合いなどに、聞き取り調査をしたり
実態を調べてみようと思いました。
どんな人たちが、どんな権原のもとに
どれくらいの頻度で使用しているのか。
ブログに書ける内容か知りませんし
とれる時間も限られているので時間がかかるかもしれませんが
ちゃんと調査をしようと思います。

私が知っている範囲では、
公園では縄張りをして人が入れないようにしてから
除草剤を撒いています。

会社から帰宅途中に河川敷を見ると
朝に除草剤らしきものを撒いていたあたりで
犬が散歩していました。
たくさんの人が、きっと知らずにいます。

なんだかな~


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。

犬の義務教育 - 2012.04.06 Fri

IMG_2951.jpg

犬にも義務教育を義務付けたらどうだろうと
思うことがあります。もちろん有料で(ノ∀`)

犬を新しく家族に迎える一週間前、
迎えてから一週間後
1か月後、1年後、その後は3歳まで年に1回くらいで。

愛犬と飼い主さんの教育です。
基本的なしつけや、マナー
悩み相談等があればいいかなと思います。

そうすれば、もっと不幸なワンコが減るんじゃないか、
街がきれいになるんじゃないかと思うのです。

そりゃもちろん、そんな教育を受けたって
マナーが悪い人はいなくならないと思いますが
今より悪くはならないと思うのです。

そして新たにドッグトレーナーの雇用を確保することと
もっと気軽に相談できるようになることは
犬と関わる私たちにとって
とても大きいと思います。

IMG_2912.jpg

でも、悲しいことに
きっと、今やろうとしても
「役人の天下り協会」が作った高いテキストを買わせて
DVDとか見せて、証明書発行……みたいな
利権の温床になるだけかもしれませんね。
(なんか運転免許の更新にちょっと似てる(ノ∀`)?)

IMG_2901.jpg

こんなことを書いていますが
ちょっとイマイチな世の中に対し
私は実は今の政治家が悪いとか、
公務員が怠慢だとかはあんまり思いません。

そりゃ、中には酷い人もいますが
それはどこでも一緒です。

私が思うに、
今の日本は「古~いママチャリをこいでいるような状態」だと思うんです。

まず、「誰がママチャリをこぐか」でモメて
こぐ人が決まったら、
「遅い」とか「走行が安定しない!」と
またモメて
「じゃあ、自転車を改造しよう」という話になったら
結局、サドルの取替だけしてみたり(笑)
(乗り心地重視ですか!)

どんなに改造しても、やっぱりママチャリのままなんです。

他のレース参加者はクロスバイクや
ロードバイクに乗り換えはじめているのにね~(-_-;)

たぶん、この「大日本ママチャリ」の製造年は
1954年とかなんでしょう(゚∀゚ )
あの頃はでこぼこ道だったから、
ママチャリだからレースに勝てたんです。
今は舗装された道だから、ママチャリじゃ勝てないんです。

要は、これから日本はママチャリをやめて
ロードバイクにすればいいだけなんだと思います。

ママチャリからクロスバイクや
ロードバイクに替えるとわかりますが
こいだときに自分が与えたエネルギーが、
スピードに変わる効率が格段に違います。
同じ人が乗っても、ぜんぜん走りが違います。

まあ、そうするとママチャリに特化して
整備をしていた人たちの仕事はなくなるかもしれませんが
その人たちのためにみんなが困る必要もありません(ノ∀`)

IMG_2916.jpg

世の中の風潮は、つねに政治家がダメだとか
公務員がダメだとかそういう流れで
マスコミも激しくそれを煽っています。

たぶんダメな根本的な原因は
「ヒト」ではなくて「しくみ」なんだと思います。
やっぱり文句を言っているだけでは
何も変わることはできません。

IMG_2941.jpg

ず~っと「まずママチャリありき」でやってきた日本ですが
近頃、頼もしいことに
西日本周辺に
「ママチャリをやめてロードバイクにしよう」と
言い出している人たちがいます。

そういう人たちに
まず世の中の仕組みをチャチャっと直してもらって
まずはロードバイクに乗り換えて
もっとワンコとワンコ飼いに優しい世の中をつくってほしいものです。


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

「犬嫌いな人」とは分かり合えるか? - 2012.04.05 Thu

IMG_2969.jpg

別に嫌な思いをしたとか、そういうことはありませんが
なんとなく日ごろ思っていることを書きます。

「話せばわかる」という言葉がありますが
私はそれはないと思っています。

例えば、犬が大っ嫌いな人がいて
犬が大好きな人がいます。
その二人がとことん話し合ったとしても
まれに分かり合えることがあるかもしれませんが
まず、わかり合えることはないと思うのです。
頭の柔らかい子供なら、わかり合えるかもしれませんけど。

犬が大好きなのが、正しいわけでも
犬が大っ嫌いなのが間違っているわけでもなく
単純に好みの問題だからです。
それぞれの正義があります。

私は「犬が嫌い」という感覚は、
はっきり言って全く理解できませんが
そういう感覚を持つ人が存在するということは理解できます。
好きじゃないことを理解できなくても
好きじゃないと感じる人が存在することは理解できるものです。

豆腐を好きな人もいれば
嫌いな人もいる。それと同じです。

IMG_2963.jpg

IMG_2907.jpg

ただ、心が痛むことに
豆腐の例と違うところは
犬好きの中には、
犬嫌いな人を知らず知らずのうちに
作り続けている人達がいることです。

自分の「犬が大好き、犬を嫌いな人がいるわけがない」という価値観を
周囲に押し付けている人。
道路にうんPを放置して、街を汚す人…などなど
そういう人たちは、私たち犬好きが懲らしめてやるべきです。

IMG_2998.jpg

残念ですが、どんなことをしたって
こういう人たちはいなくならないと思います。
これは、道路でめちゃくちゃな運転をし続ける人がいなくならないのと
同じだと思います。

話合っても分かりあえないとして
犬好きの私たちにとって、
犬嫌いな人とはうまく共存していかなくてはいけません。
それはすごく単純なことで
犬嫌いな人に迷惑をかけないように配慮することだと思います。
そのうえで、それでもイチャモンを付けてくる人とは
私たちの価値観を守るために
徹底的に戦えばいいと思います。

IMG_2984.jpg

「絶対わかり合えないことがある」
この単純なことを、みんながしっかりと理解するだけで
会社でも社会でも、もっとずいぶんよくなる気がします。
全員にちゃんと賛成してもらおうと思うから
進まない改革がたくさんあります。

ただ、犬が嫌いな人の中にも
犬を勘違いしている人もいて
その人たちは、犬好きになる可能性は残されています。
(特に年配の人に多い気がする……)

私はずっと山芋が嫌いでしたが
最近すごく好きになりました(どうでもいいですけど…)

IMG_2929.jpg

そして、犬大好き派としては
犬好きを増やすべく
まだピュアな子供のころから、
周囲の人間をワンコ好きにしておく必要があると思います(笑)
そうしたら、世の中は犬好きしかいなくなるでしょう。
長期的視野に立って戦略は立てるべきです!
(ぇ~言ってることがさっきと違う?)


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。