topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボーダーコリーという選択 - 2011.07.19 Tue

生後365日 明日が誕生日

最近、いろんな場所で
ワンコの飼い主さんと話す機会がけっこうあります。

そんな中で気が付いたことがあります。
もちろんすべてに当てはまるわけではないですが
私がよくある傾向として感じたことです。

モフを見た人がよく言うのは
「ボーダーいいですよね~
うちも実はボーダーコリーを飼いたかったんだけどね~
でも、ボーダーって運動させたりとか
飼うのが大変でしょう~?」

というフレーズです。

DSCN2676.jpg

そうなんです。
ワンコ好きな人でボーダーコリーに興味を持っている人は
意外にたくさんいるようです。

一方でそういう人たちはワンコを飼う大変さを
本当によく知っているので
その中でもさらに大変といわれるボーダーコリーの
ハードルの高さを簡単に想像できるのでしょう。

逆にボーダーを実際に飼っている人は
意外と気軽に飼うのを決めていたりします(笑)
なんとかなるかと思ってとか
一目惚れとか(笑)
私たち夫婦もどちらかというとその系統ですね……

そしてほとんどの人が
実際には
なんとかなってしまっているようです。

DSCN2677.jpg

もちろん、この考え方が不幸な子を
生み出している事実は忘れてはいけません。

やっぱり飼うときは
慎重に考えなければいけませんが
でも、ボーダーにかける時間とお金と愛情があれば
確実に超えられるハードルであることは確かです。

ただ、個人的には
ボーダーブームなるものがやってきて
何も考えずに誰もがボーダーコリーを飼い始め
知識のない人が何も考えずにたくさん繁殖させて
見かけだけボーダーコリー風のワンコが
街にあふれるような事態は絶対にいやです。

DSCN2681.jpg

一方で自分が飛び込んだこのディープな世界へ
他の人も誘いたいような
そんな複雑な気持ちでいっぱいです(笑)

みなさんはどういう思いでボーダーを飼い始めましたか?

ボーダーコリーブログランキングに参加しています。
モフの応援に下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
(あやしげなところに飛んだりしません。
一日一回押していただけると嬉しいです)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

そうですね、ボーダーブームはイヤですね・・・。
私たち家族は、「ペット」ではなく「家族」を迎えたかったのでボーダーコリーを選択しました。

それぞれの家庭でボーダーを選択した理由はそれぞれでしょうが・・・
最後までそのワンコが「幸せ」で犬生をまっとうできるといいなと願わずにはいられません。

自分もそうなんですが・・・ボーダーを購入した方たちって・・・
お友達のボーダーも自分の家族(親戚の子供)のように思っちゃいますよね(▽)/
やっぱり魅力ある犬種だからなんでしょうかね♪

>Luzママさん

マスコミの影響であっという間に
ブームになってしまうので怖いですね。
ボーダーがテレビにでたり
活躍するととてもうれしい反面
その辺が不安になります。

実際ボーダーってそんなに昔ではないころに
日本に入ってきているので
日本にいるボーダーは親戚みたいなものでしょうね~

ボーダーを見ると他人とは思えません(笑)

「お散歩とか大変なんでしょ?」
「運動たくさんさせなきゃいけないんでしょ?」
ってよく言われますね~

我が家は、野郎が「オレこんな子が欲しい」ってとあるブログのボーダーを見せられてワタシを洗脳(笑
で、ボーダーはディスクをする犬→それならばディスクするぞ!
って結構単純な流れでボーダーに決めた経緯です。

お散歩中にボーダー見るとテンションが上がって
どうにかお近づきになれないかと、後ろをこっそりストーカーしてます。
先日の川遊びでも、ボーダーがたくさんいてスキ(?)のある飼い主さんに近づいて行ってお喋りさせていただきました♪

ウチもタビが来て1周年で似たような記事を上げました。
ロスさんのよりは随分ふざけてますけれど、
テーマは、スピリッツは、一緒ってことでお願いします(笑)

近所にもいますよ!いっぱい。
ボーダーが良かったけれど、このコにしましたって人。
で、ハスキー飼ってるから、それはそれでスゴいね…って。

ボーダーって大変なんだろうけれど、
こんなもんかとも思います。
まあ、個体差の大きな犬種なので、
タビだけで判断は禁物かもしれませんけど…。

でも、私もいつも思うのですが、
ブームが来ちゃった場合は、何とかなるって思えませんよね。
ダックスだって、まったく愛玩犬じゃないですから、
このブームはかなり危険ではあるけれど、
ボーダーはもっとヤバい気がします。

そう思うと、大丈夫と言いつつ、
自分もどこかでボーダーって大変と思っている
のかもな~と気づかされます。

>SORAっちさん

実際のところボーダーって
たくさん運動している子がたくさんいる反面
散歩が好きじゃない子とかもいるんですよね。

ボーダーへの道は
野郎さんが、きっかけでしたか~

うちは私がボーダーがいいといい始めて
でも、途中でヒヨって、
もっと小さいのにしようか……
といい始めたんです。

そんなときに
「ボーダーがいい!」とりば子が。

いろいろ大変だったけど
いい選択だったと思います。

ボーダーってみると本当にテンションあがりますね♪

>アサノさん

ボーダーは大変というイメージがある程度
ブレーキになっていいバランスが
保てているのかもしれませんね~。

ボーダーに限らず
ワンコと生活するのはそれなりに大変で
「散歩はあまりしなくてよくて~
吠えなくて~
毛の手入れが要らない子が欲しい~」とか
じゃあ、ワンコ飼わないほうがいいですよって思います(笑)

ボーダーは知性と運動能力の
絶妙なバランスでできているので
乱繁殖するとただの扱いにくいだけの
ワンコになってしまいそうで
相当やばそうですね~

わが家の近くでは、ボーダーブームでお散歩をしていたら
「さっきも同じ犬を見たわ。流行ってるのね」
ってよく言われます。
ボーダーは止めといた方がいいよって近所の方に言われて
一年近く悩んで飼うことに決めたんですが
「そうか、流行ってたのか。知らず知らずに流行に流されてたのね。」
って家族で話してます(笑)

うちは思いっきり走る犬が飼いたい!
ってことでボーダーを飼い始めましたよ。
実際、よく走ってくれてへとへとです。

犬の種類によって性格、運動量、相性などがさまざまなので
どの犬もよーく考えて不幸な犬が増えないように思いますね

ボーダーは、かれこれ10年前犬と暮らしたいと思い犬種図鑑で見たところが出会いでした。

ラフコリーやシェパードなど牧羊犬が好きだったので、その中でボーダーは家の生活環境などに適した(大きさ)で、しかも絵に描いたような犬だ(顔)!と思い憧れてました。

実際家庭の事情で、犬を迎えられないと思っていたので、家族全員の承諾を得た瞬間もう、すぐに決めないと犬は飼えないと思い(家族の気が変わらないうちにw)
速攻でアル(目をつけていた)を送ってもらいました。

運動量、云々言われますけど、家族のペースにあわせてくれてます(あわせさせちゃってます)

私は多分、家を空けて泊まりとか実家に帰ることが出来なくなってしまったので、アルや小鳥たちは本当に癒しの存在です。

アルのために「大変」とか「面倒」ってことは無いです。金銭面はさすがに気絶しそうになることもありますがwww

はじめまして。気になるタイトルだったのでコメさせていただきました(>_<)

我が家は・・・とゆうか杏里は家族で欲しくて迎えたコではないので当時は猛反対をくらいました。
本当は11歳の専門学校の担当犬(ボーダー)を買い取る予定でしたが、ダメになりそのショックが大きすぎてしばらく放心でした。大げさに聞こえますが、当時の私は「生きてても楽しい事がもう何もない」と考えていました。そんな中、杏里と出会って変われました。

でもそんな時間を経験したからこそ、家族を迎えることは簡単な事ではないと思ってます。我が家の人間は「1家に1匹」とゆう考え方なので、もちろん今の状況が気に食わないようです(泣)

運動量はもちろん、必要だと昔も今も思っています。杏里はフィールドの血統が入っているのでショー系の子よりもよく動きたがりますし、やることが基本的に荒い感じもします。でも一定の時間散歩したりおもちゃで遊ぶことで、欲求が満たされて落ち着いていると思います。
しつけもかなり厳しくしたのもあって、やりたい事やってる自由犬に見えますが人の指示はよく聞きます、やはりボーダーの賢さを感じさせます。この子達の能力はチビの頃から何かしらの形で引き出すことが後々重要になってくるんでしょうね。だからこそ、迎えるにあたって覚悟が相当いるもんじゃないかと思っています。でも、それがボーダーの魅力でもありますね。

今では、ブログとゆう情報源があるので、ランやら大会やらで会うボーダーの判別もするようになりました。それぞれ個性のある顔で、見るのが好き・・・なんですが、連れからは「重症だ」やら「遠目でわかるの?恐!」やら言われます^^;






モフくん、お誕生日おめでとう!!
1歳の1年も、満ち足りた笑顔がたくさんの1年になりますように☆
訓練も、頑張ってね~

本当に、おっしゃることその通りです!
わが家は、ペットとしてでなく、家族として暮らせると思い、ボーダーコリーを選択しました。

犬飼いの先輩方などには「初めて犬を飼うのにボーダーコリーにしちゃったの!? チャレンジャーだね」という主旨のことは言われました。

他の犬種を飼ったことがないので、比較はできませんが、一緒に暮らして、確かに大変な面もありますが、
それ以上の楽しさと幸せをくれているので、感謝しています。
大変さなんて、今では笑い話ですよね。

ブームは怖いですね、安易に飼うことも勧められませんし。
ボーダーに限らず、これ以上不幸なワンズが増えない世の中になって欲しいです。

ワンコ好きな人でボーダーコリーに興味を持っている人は意外にたくさんいるんですか!
旦那もその一人ですね。ずっと言ってましたもん(笑)
うちは他の犬種になる所だったけど、出会っちゃったのがボーダーでした。
私自身は大きくなる犬は大変そうってぐらいにしか思ってなかったですね。
いろいろ飼ってきた旦那の実家でも、ちょっと持て余した感がありましたが(^ ^;)
それはそれでかわいいようです(*^ ^*)

私はそういう、ボーダーは大変な犬とかの情報がないままに飼い始めました。苦笑
きっかけは山で牧羊犬として働いてるボーダーが大好きになり、ボーダーと暮らしたいと思ったのが始まりです。

ちなみに今までゑびすと暮らしてて大変と感じた事はなく、こういった日本の情報で大変なんだぁと知り、じゃ他の犬種はもっと楽に飼えるのかな?と思いますが、どうなんでしょうね?そんな事はないように思えますが。

ちなみにうちのブリーダーさんが言うにはフランスのボーダーは近親者が増えたり、心無い飼い主に育てられ性格の悪い子に育ってしまった子が最近目立つそうです。うちのブリーダーさんはベルギーの方でベルギー、フランス、イギリスの中でボーダーを入れ替えて繁殖されているようです。
最初に問い合わせをした時にこちら側の環境の事をいろいろと質問されました。
たぶん大事な犬達でしょうから、変な人には売りたくないのでしょうね。
日本は狭い国ですので、あっという間に親戚だらけになってしまいそうで、怖いですね。
きちんとした方にブリーディングして欲しいですね。

私はこちらで「ボーダーって大変なんでしょ?」なんて声をかけられたことは1度もありません。
いつも「ボーダーってあの羊と仕事してる子よね?」とか「山の犬でしょう?」と、声をかけられます。
実はうちの隣村が仔羊の産地でして、年に1回仔羊祭なるものがあるのですが、そのとき、ボーダーの羊追いショー?!なるものも開催されてて、やはりボーダーは羊飼いの犬という認識が強いようです。
とはいえ、隣村でボーダーが羊と仕事をしているのは見かけたことありませんが・・・。苦笑

ハッピーバースデー!

モフくんお誕生日おめでとう!!
ブームがくるのが嫌な気持ち、ちょっとわかります!
シュナは今、そんな感じがして、、いやだなあ。
小型犬だけど、結構癖がある犬だから。不幸なワンコを生みそうで。。
でも愛情がたっぷりあれば、きっと乗り越えられるんですね!
モフくん、いい目をしてるものー!
これからも元気いっぱいに、そしてどんどん賢く育ってね!
おめでとうのぽち!

モフ君、1歳おめでとうございます!
元気で1歳を迎えることができてなによりですよね~

皆さん、やはりいろいろですね・・・^-^;
でも共通しているのはボーダーにしてよかった!と心から思っていることでしょうか。
私もそう思ってます。
私は今まで飼ってきた犬種の中でボーダーは大変・・・というより「他の犬種とは何かが少し違う・・・」と思いましたね~
正直、戸惑い、悩む時期もありました。。。
最近になってやっとこの辺が解消されつつあります。
そしてこれからのセトとの関係が楽しみでしょうがないのも事実です^-^

私は確かにボーダーは中途半端な気持ちで飼うと大変かもしれないと思っています。
でもそこを乗り越えたとき、この子たちとはすごく深い絆が生まれることも知りました。
こうしてボーダーファンになっちゃうんですよね。。。笑)
ボーダーってとっても「犬らしい」ところも大好きです★

>みっちさん

ボーダーってすごくマイナーでもなく
メジャーなわけでもなく
いい感じなような気がします。

ただなんせボーダーは目立つので、
意外と多く感じるのかも♪
やっぱり数でいけば
トイプーちゃんや、チワワにはぜんぜん及びませんね、たぶん。

ボーダーは本当によく走りますね。
しかも疲れ知らずです。
大きくなってくると
ワンコのほうでメリハリをつけてくれますが
それができないパピーのときは本当に大変ですね~

大変だ~と覚悟して飼うほうが
思ったより平気と思えていいのかもしれませんね。
ただ、パピー時代をまた一からやれと言われたら
ちょっと遠慮したいような気もします(笑)

>つきこさん

私もけっこう昔からボーダーに興味を持っていた系です。
なによりワンコのなかでIQナンバーワンというのに
非常に興味を持ちました。

確かに手ごろな大きさですね~
男の子はちょっと大きいから
女のこのほうが手軽なサイズかもしれません。
だから人気あるのかな~とも思います。

確かに運動量はけっこうなんとかなるような気もしますね。
パピーのころは雨が降ると
家の中の何かが壊されましたが
今は2回くらい散歩をスキップしても
適当に部屋で遊んでいます。

ワンコってけっこうお金かかるんですよね~
しかも、否が応でも払わないといけないものが多くて…
ワンコ自身の値段なんて
生涯かかるお金の極一部ですね、きっと

> 杏里ねぃさん

はじめまして。
ようこそモフモフワールドへ♪

ワンコ、特にボーダーコリーは
人間の人生や考え方を変えるワンコだと思っています。
私もモフを迎えることになったとき
実家から、いろいろ反対されました。
でも、やっぱり迎えてよかったと思っています。

モフもバリバリの運動系なので
仕事中毒です。
作業させるとたぶん倒れるまでやり続けます。
杏里ちゃんもフィールド系なんですね。
運動系の子はテンションが高いというかなんというか
すごく独特ですが
気質としてのボーダーらしさがはっきり出ている気がします。

ボーダーの能力はハンドラーがどこまで引き出せるかに
よってずいぶん違ってくるな~と最近感じます。

ボーダーの判別ってわかります(笑)
私も結構顔を見ると、親戚がわかってしまったりします。
血統のラインラインでけっこう特徴があるので
よ~くみると楽しいですね~

>灯ねぇねさん

ありがとうございます。
やっと1歳になりました。

ボーダーコリーを飼うとたしかに
チャレンジャーと言われますね(笑)
初心者にはお勧めできませんとか(笑)
でも、犬の上級者ってなんだ?!って感じです。
そんな人ってそうそういないんじゃないかな~と思います。
(除 プロの人)

ボーダーはワンコの中でも存在感が抜群なので
やっぱり一緒にいるととても楽しいですね。
彼らがする奇想天外な行動には笑わせてもらっています。

ボーダーは大変という噂(?)みたいものが
ボーダーコリーを守ってくれているのかもしれませんね。

>陽菜さん

ボーダーはワンコ好きの行き着く先の一つだと思います(笑)
まあ、大き目のワンコはそういう感じかもしれません。

持て余すって感じ、わかります。
すごいパワーですよね。
今までワンコを飼ったことがありますが
今回はぜんぜんイメージが違いました。

>ゆみ。さん

ワンコによっても
家族によっても
あんまり大変じゃないと感じる人はけっこういるようですね。

私も詳しくありませんが
素人的に考えると遠い親戚同士を交配させるのが
いいように感じますが、
ボーダーのブリーダーさんは、
故意に近い子同士を交配させていることがあるようです。
いい例かどうかわかりませんが
グッピーという熱帯魚は、
すごいきれいな尾びれをしていたりしますが
遠い血統の魚と交配をさせていくと
ただのメダカみたいのに自然と戻っていくそうです。
金魚もフナに戻っていくみたいです。
ボーダーもボーダーとしての性質を維持するために
ある程度の血の濃さを保って
ブリーダーさんの守りたい血統で
ある程度の近親交配とそうじゃない交配を行っていくらしいです。
モフも祖父と曽祖父が同じだったりします。
ボーダーコリーの特徴は外見ではなく
内面なので、
特に素人にはなかなか難しいな~と思います。

ボーダーのブリーダーさんは
結構飼い主を選ぶようですね。
それだけ自分のところの子に思い入れがあるのでしょう。
結構ブリーダーさんごとに特色がありますしね~

やっぱりそちらはボーダーの歴史が長いのでしょうね~
日本ではやっぱりワンコの基本は
柴犬みたいな感じの性格を想像してしまいますから
それに比べてたらやっぱり大変なのかもしれませんね(笑)

>ぶひこさん

ありがとうございます。

小型犬はとくにブームになりやすいので
心配ですね。
小型犬だから簡単に飼えるってことはないのに
実際にはそう思ってしまう人が多いのが問題ですね。

癖がある系のワンコが
山に大量に捨てられていたりなど
嫌なニュースがたまにあって
心を痛めてしまいますね。

成長してくると飼い主を試すらしいので
負けずにがんばります(笑)

>setoママさん

ありがとうございます。
セト君ももうすぐ1歳ですね♪

ブログを書いたりしている人は
どちらかといえばどうにかなってしまった人でしょうが
どうにかならないで困っている人もいるわけで…
ブログなどのネットツールはそういう人たちの
力になれるんじゃないかと思っています。
しつけ本の何倍も役に立つんじゃないでしょうか(笑)
失敗も成功も、悩みも楽しいことも
たくさん書いてありますから。

ボーダーは中途半端な気持ちだと
パワーに負けてしまいそうですね(笑)
人間の子供を一人育てるくらいの覚悟が必要でしょうか(笑)


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/257-ec8ddb93
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モフが1歳になりました «  | BLOG TOP |  » Stayの練習

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。