topimage

2017-11

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ソフトな感じで - 2011.11.10 Thu

先日のシープ体験の時に、
先生から私のコマンドは
かなりモフにプレッシャーがかかっていると指摘があり
ここのところ、意識して不必要なときは
無駄にプレッシャーをかけないようにしています。
あと、モフが何を考えているかを
よく考えるようにしています。

DSCN4392.jpg

なんとなくもっとモフといい関係を築けたらいいなと思っています。

これまでの練習の成果もあり
プレッシャーをかけてビシッとコマンドすると
モフはビシッと動くので
知らず知らずのうちに
いつもプレッシャーMAXでコマンドするようになってました。

DSCN4276_2.jpg

今のモフは
相当なこと以外は、全然プレッシャーをかけなくても
動いてくれるのです。
モフがやりたいと思っていることの制御に関しては
(例えば走る方向の指示)
つぶやくだけでもいいんです。

モフの動きを急に止めたりしないといけないときは
MAXにプレッシャーをかけます。
すると、モフの意思に反していてもビシッと止まります。
かわいそうなので、普通はやりませんが
ボールを追っている最中に止めたいときはそうします。

そもそもメリハリをつけるために
ビシっとコマンドするようにしていたら
かえってメリハリがなくなっていたんですね……

DSCN4389.jpg

これを意識したら不思議なもので
モフとの関係が前よりちょっとよくなったような気がします。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

メリハリが大事って事、分かってるけど
それが出来てるかどうかってわかりにくいですよね。
他人に教えてもらわないと気づかないことってよくあります。

知らず知らずのうちにプレッシャーをかけてたなんて
ちょっとびっくり!ですね

わたしは、訓練でもう少しビシッとしなさいって反対に
言われています・・・

競技会試験なんかを見てると
だすコマンドのイントネーションが皆よく似てます(笑)
ちょっと号令っぽい?
そういう言い方がワンにわかりやすいってことなんでしょうね。
ちょっと独特だと思います。
私の場合は逆にビシッと言ってるつもりでも
はたから見たらそう聞こえないみたいです(苦笑)
コマンドの声の調子もその時々によって使い分けられると
ワンとのコミュニケーションももっと上手くとれるような気がします。
なかなか難しいですけど(^^ゞ

こんばんは~

凄いですね・・
正直なところ、今日の日記の内容には、ちょっと
びっくりしています。

自分が、今のロスさんの感覚にかなり似たような
ことを考えはじめれるようになったのが、こま助
と一通りのことを経験し終えた3歳を過ぎた頃か
らじゃなかったかと思います。

モフ君の成長も凄そうですが、それ以上にロスさ
んの犬への接し方のセンスの高さには、いつもび
っくりさせられます。



>みっちさん

私の勘違いかもしれませんが
ボーダーコリーという犬と上手くやるには
ハンドラーのリーダーシップだけではなく
ハンドラーとワンコのパートナーシップが必要な気がします。

具体的にどうすればいいのかというのが
わかるような、わからないような。
それがプレッシャーのメリハリなような気がしています。

ボーダーは本当に賢いので
彼らがわかっていることには
無駄に口を挟まないというかそんな感じ。

なんかまだしっくりきません。

>マーサママさん

コマンドって人間がテンション上げるのにも
利用されている気がします(笑)
あとリズムでしょうか。
ディスクのキャッチとか呼び戻しとか
たぶんワンコは勝手にやるんですけど
ついついコマンドしてしまいます。
人間側のリズムでしょうね~

女の人がビシッと言っているように
聞こえるには軍隊並みの感じで言わないと
そうは聞こえないみたいです。
しかもそこまでする必要なさそうですしね。
男の人は割と簡単かもしれません。

>こま助。さん

そう言われると照れますね♪
まあ、ほとんどはシープ体験のときに
先生が答えを教えてくれていたんですが。

やっぱりボーダーを理解するには
シープが一番わかりやすかった気がします。
シープの先生の指摘を自分なりに考えました。

一般の躾の本には
ハンドラーのリーダーシップというのが
必ず書いてありますが
ボーダーコリーのシープ関係のトレーニングの本には
そんなのがなくて
『パートナーシップの形成』というのが
替わりに書いてあります。
ボーダーコリーと上手く付き合うというのは
リーダーシップではなくて
パートナーシップなのかもしれない気がしてきました。

特にボーダーコリー本来の気質の強い子と
上手くやるにはそうなのかもしれません。


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/376-44ce3b0e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

岡山城とシャンプー «  | BLOG TOP |  » 馬着(ばちゃく)が届いた~

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

10 ≪│2017/11│≫ 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。