topimage

2017-06

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モフ163日 ボーダーコリーが飛行機で移動する際のポイントを考える - 2010.12.30 Thu

モフ生後163日(5ヶ月と10日)
体重 9.0 kg

年末、帰省シーズンになりたくさんの人から聞かれた質問に
「ワンちゃんはどうするの?」というのがありました。
どうするの? にはいくつかの意味があり

①実家に連れて行くの? 預けるの?

②どうやって連れて行くの?

の二つがありますが、
①については実家で特段犬と生活することができない事情がない上に
ほかの犬がいて犬の生活道具はそろっていることから
連れて行かない理由はありません。
②についてが、意外と知られていないのですが

犬は飛行機に乗れます!

2010-12-25-2

犬ではないのですが別のペット(フェレット)を連れて帰ったこともあります。
というか、むしろ新幹線等の鉄道に比べて、

飛行機はかなりペットが乗りやすい乗り物に分類されると思います

おそらくですが
ボーダーコリーを新幹線などで移動するのは不可能に近いのではないでしょうか?
駅をどうやって移動するか?
どこに乗せるか?
それ以前にボーダーコリークラスの犬が入るペットキャリーは
荷物の大きさ制限にかかりそうです。

一方の飛行機ですが
国内線なら5千円くらいの追加料金で乗れます。
空港内は普通荷物用のカートがあるので
それに乗せれば大きなボーダー用のキャリーも楽々運べます。
カウンターで預けるので、
空港内を永遠と巨大キャリーとともに移動する必要もありません。

まあ、もちろん鉄道にボーダーを乗せにくい以上
空港まではタクシーもしくは自家用車で行く必要がありますが。

まあ、詳細は航空会社のWEBサイトを見ていただくとして
飛行機に乗せる際のポイントをまとめておきましょう。

①首輪をはずしておく
本当にそんなことが起こるかは別として
気圧の関係で首が絞まるのを防止するそうです。
カウンターであたふたしないように
あらかじめはずしておきましょう。

②ちょっと早めに空港に行く
普通の手荷物を預けるよりも
時間がかかります。
キャリーに網をかけたり、
誓約書にサインしたり、お金を払ったり。
スレスレにいくとあからさまにいやな顔をされます(経験者談)
ただ、この「ちょっと」っていうのがポイントで
早すぎると、犬も預けられてから
かなり待たないといけなくなり大変です。

③餌や水を入れない
揺れたときにこぼれてほかの荷物を汚したりするのの防止でしょうか
とってくださいといわれるので
外しておきましょう。
っていうか、ちょっとくらい水がなくても犬は平気でしょう。
むしろある時間から水をあげないで
おしっこをさせてから預ける方がいいかもしれませんね。

④キャリーは頑丈なものに
昔親戚のおばさんがシーズーを飼っていたのですが
札幌に飛行機がついて、係員が貨物部屋のハッチを開けると
飛び出てきたらしいです。
キャリーの扉が何かの弾みで開いたんでしょうね。
なんとなく飛行機を降りて、窓の外をみたおばさんは
絶叫したらしいです。
自分の犬が飛行機の周りを走り、係員が網を持って追っかけていた光景に。
最近は網をかけるので、そういうこともないんでしょうけどね。
(ひょっとすると、おばさんの犬のヒヤリハット事例で
網をかけるようになったのか!)
あと、キャリーがでかすぎると明らかに運ぶのが大変なので
犬が快適なようにと余裕がありすぎるサイズのものを使うのは避けたほうがいいでしょう。
頑丈さのめんではバリケンとか実績のあるものが無難でしょう。
モフの場合はIMサイズと迷ったのですが
今9.0 kgですがバリケンのMサイズでちょうどよい感じです。
(モフは今回のために某WEBサイトから
6千円くらいで購入しました)

前に、SAさんに聞いたのですが
犬などのペットは空調が利いた貨物室があって
そこに入れられているそうです。
さすがに明かりはないのでフライト中は真っ暗でしょうとのこと。
後部座席付近らしいです。
ちなみに、さすがに荷物を預けるときにX線の検査機に通されたりはしません。
保安員が中をのぞいて、異常がなければシールを貼ってくれます。

着陸後はかなり優先しておろしているようです。
飛行機を降りるときにタラップからよく見てみてください。
ペットが降りてくるのが見えます。
2010-12-25-3

外国はわかりませんが
日本の国内線ならまあ安心して預けられるのではないでしょうか。
JALに預けたことはありませんが
少なくても今まで何度も預けたANAで困ったことはありませんでした。

機内食



ランキング急降下中><
モフの応援に
下のバナーをクリックお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
(あやしげなところに飛んだりしません。
一日一回押していただけると嬉しいです)
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/45-7019dc12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モフ164日 いまさらながら(5ヶ月と3分の1)ハウスのしつけを試みるの巻 «  | BLOG TOP |  » モフ162日 雪の中でディスク

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

05 ≪│2017/06│≫ 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。