topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救助犬検定に向けた訓練 23回目♪~服従編~ - 2012.04.08 Sun

IMG_3014.jpg

最近、服従訓練は1回につき一つの課題です。
今回は「モフに考えさせること」でした。

これまでの訓練で、モフは既に基本的なコマンドは
すべて理解しています。
「ヒール」と言えば、脚側停座するし
「ツイテ」と言えば、脚側行進します。

問題は、それが絶対とは限らないこと。
モフの中で
「私のコマンド」と「モフの意思」が天秤にかけられて
「私のコマンド」が負けてしまうことがあることです。

今回はそれを修正するのが目的です。

IMG_3023.jpg
↑真剣な顔ですが、していることは…

コマンドを聞かない時に
一番いけないことは
言うことを聞かないからといって
そこでモフと喧嘩すること。

次第に声が大きくなるし
リードで与える刺激も大きくなっていき
しかも、それにモフがどんどん慣れてしまい
完全に悪循環になるからです。

喧嘩するということは、
モフが私に抵抗して
「コマンドを聞かない時間」を長くしているということ。

喧嘩するんじゃなくて
行動してしまえばいいんです。

今までは私がコマンドして、
モフがそれを聞いて、
モフに何かを「していただいて」
それに対して褒める感じでした。

そうじゃなくて、
「何かをしていただいたこと」ではなくて
「私に従っていること」に対して褒めてあげるようにする。
そして、モフがどうやったら褒められるかを
よく考えるようにすることが必要です。

まず、簡単な練習をしました。
私はモフを横に座らせた状態で
何も言わずに反対側に歩き始めます。
モフが付いてこなかったら
リードでちょん。
ついてきたら、軽く褒める。
私が止まって、モフがちゃんと横に座ったら褒める。
コマンドはせず
私の行動に注目させて、モフにどうしたらいいかを考えさせて
好ましい行動をしたら褒める。

こうすると、モフの意識が
どんどん私に向いてくるのがわかりました。

意識するとモフは常にこちらを見上げるようになります。

無言で私が動いても、モフはついてきて
私が止まれば、横に座り
常に私を見上げるようになりました。

この「私に対する意識」を高めることが
結局、天秤にかけれた時に
負けないことにつながるようです。

これを例として
先生はモフの意識が
私に向いている感じを教えてくれたのだと思います。

IMG_3010.jpg

次にモフがワンコとすれ違うという状況を作って
モフに考えさせる訓練をしました。
いろいろやったのですが、1回ごとに
先生はそのときモフはどう考えたかを
解説してくれました。

モフに考えさせること、
モフが何を考えているかを私が考えること。
これが今まで足りなかったことがわかってきました。

どうしたらいいかをモフに考えさせる。
そしてその答えの多くは、
「私に意識を集中すること」だと気がつかせることです。
私に「服従させられる」んじゃなくて
「服従する」という意識でしょう。

やっている最中、モフの意識が私に向いてくる時があって
その時には褒めてあげます。
ご褒美も使いますが、最近は圧倒的に使用量が減りました。
どうやったらご褒美をもらえるかを
モフに考えさせるために使うだけだからです。

IMG_3035.jpg

ひたすら決まった動作を反復練習しても
本当の意味での服従訓練にならないのでしょう。
私とモフは競技会を目指しているわけではないので
綺麗にできる必要はないからです。

モフにコマンドして、
モフに何かをさせるのではなく
いろんな場面を作って
モフにどうしたらいいか考えさせる。
モフがどう考えたかを私が考える。

これがこれから必要な練習なんだということがわかりました。

もちろんモフが出した答えに対してはちゃんと
正解か不正解かは教えてあげないといけません。

IMG_3020.jpg

これは、偶然ですが私が最近仕事で発見したことに似ています。
教育において新人に何でもかんでも答えを教えないことです。
教えてもらった答えはすぐ忘れますが
自分がひねり出した答えは、ずっと忘れません。

新人を教育するときに、自分で考えさせて
正解か不正解を教えて
不正解の場合はどこがおかしいかだけ教える。
それを繰り返すのが一番教育効果が高いことがわかってきました。
本当は答えを教えちゃったほうが
教える側は楽だし、
答えを教えないと
嫌な教育役と思われるかもしれないですけどね(゚∀゚ )

モフも成長して、
いろんなことを自分で考えられるようになってきました。
モフには自分で考えさせる。
私はモフがどう考えたかを常に考える。
そういう関係でありたいと思いました。

**********************************

桜の季節なので、カメラ好きとしては
桜を撮らないわけにはいきません(゚∀゚ )
撮ってきてみました。

IMG_3152.jpg

IMG_3156.jpg

撮ってみて気がつきましたが
桜は望遠よりも広角レンズの方がいいですね……
望遠しか持っていかなくて失敗でした(-_-;)
つけて行ったレンズが一番広角でも70 mm……
遠近感があんまり表現できません(ノ∀`)

IMG_3166.jpg

IMG_3167.jpg

ついでにいろいろ撮ってみました。


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/527-c90785ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた.【救助犬検定に向けた訓練 23回目♪~服従編~】

最近、服従訓練は1回につき一つの課題です。今回は「モフに考えさせること」でした。これまでの訓練で、なコマンドはすべて理解しています。「ヒール」と言えば、脚側停座するし「ツイテ」と言えば、脚側行進します。問題は、それが絶対とは限らないこと。モフの中で「私?...

パピーの頃の顔に戻る時 «  | BLOG TOP |  » 救助犬検定に向けた訓練 第23回目♪

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。