topimage

2017-09

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

救助犬検定に向けた訓練 24回目♪ ~服従編~ - 2012.04.22 Sun

IMG_4003.jpg

昨日のテーマは
「だいたいできていること」を「しっかりできるようにする」でした。

別に普段の生活で常に
完璧な状態でいようとするわけではなくて(それは不可能(゚∀゚ ))
決められた時間や場面では
きちんとできるようにするという、まあゲームみたいなものです。

小学生の子に
「授業中はしっかり席について話を聞きましょうね~」
とやる感じだそうです。

最初はそうやって決められた時間だけでも
しっかりしようとすることで
ちょっとずつできるようになっていくんですね。

モフは別に競技会等でいい成績を狙おうとか
そういうわけじゃなく、
服従訓練の目的はあくまでも
「私とモフがきちんと意思疎通して、私がモフをコントロールすること」です。

やったことは脚側行進の練習です。
まあ、よくある「コの字」のコースを往復するものです。
この訓練の目的は
近くで他のワンコが訓練をしているので
それに気をとられないで、
①私が歩くペースにモフが合わせる
②モフの注目がずっと私にある
やっている間は常にこの2点が達成されていることを目指しました。
モフは①はできるので②が問題です。

②ができていないときは、その場でとまって
ちゃんとなってから歩き出すように言われました。
ナアナアでやらないということです。

IMG_3995.jpg

モフの注目の飛び先の常連さんは
・他の訓練しているワンコ
・地面の匂い
です。

オヤツを使いながら、
とにかく「私に集中すること」に対して褒めて教えました。
いつもそうですが、
服従訓練は完全に私の訓練です
なので、正確には服従訓練じゃなくて
「服従してもらう訓練」ですね(ノ∀`)

すごく基本的なことですが
私がちゃんとわかっていなかったことがあります。
それは、褒めるタイミングによっては
何に対して褒めているかが変わってしまうことです。

モフをそれなりの時間
脚側に座らせておくと
ずっと私に集中していることは不可能なので
遠くを見たり、別のワンコさんの訓練を見たりします。

そんな時にそっとモフから離れてみます。
そして「モフ~」声をかけると
モフはハッとして慌てて私の脚側にくるのですが
私のそばへ来る途中に褒めるのと
側にきてから座った後で褒めるのでは意味が違う可能性があります。

今回の場合は、来ている途中で褒めた方が
「意識を私に戻したこと」に対して褒めたのが
モフにとってわかりやすいようです。

座ってから褒めると
脚側停座に対して褒めたように感じるかもしれません。

何に対して褒めているか
何に対して叱っているかをわかりやすくしてあげることが
お互いにとって楽だとわかりました。
これって、たぶんワンコトレーニングの
『超ウルトラスーパー基本』ですね(-_-;)

これからはベストタイミングで褒めるよう意識します
今までわかりにくくてゴメンよ、モフ

IMG_3999.jpg

あと、モフが他の物に気を取られて
ポワ~ンとしたときに
声をかけてもモフの耳に入らない時が本当によくあります(ノ∀`)
それだけ集中してしまっているんでしょう。
いわゆる「ロックオン状態」です。

そういう時のモフに対して
有効な対処を教えてもらいました。

そういう時は、大きい声を出すのでも
思いっきりリードを引っ張るのでもなく
(どちらも意外と効果ありません)
手の甲でモフのわき腹をポンを軽く叩きます。

するとモフはハッとして
「ゴメンゴメン~(ノ∀`)」と戻ってきます。

よく見ると、確かに先生がモフを扱うときは
モフの耳をチョンと触ったり、
そうやってモフの意識を戻してました。

IMG_4009.jpg

最初の頃は、検定に受かる最低限ができればいいや~
と思っていましたが
いざ、現場へ行った時にモフの安全を守ってやれるのは私です。
私がモフをコントロールできないと
モフを危険な目に遭わせてしまうかもしれません。

捜索訓練は段階が進んで
もう訓練所じゃないとできないので
モフにとってわかりやすいハンドラーになれるように
「服従してもらう」訓練については、日々精進あるのみです。


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

なるほどですね~。
正直言って、ヱビスは脚側歩行はほぼできないに等しいです。
なんとなくはできます。ノーリードで散歩をしてて他のワンコが前に居たら、私の元に呼んで側を歩かせてそのワンコと絡ませないようにすることはできます。とはいえ、100%ではないですが。苦笑
でもきっちり、付いて歩くのはできませんね。
要は私がきちんと教えてあげれてないからできないんですよね。
別にヱビスのせいじゃないんですよね。
服従って本当、人間側の訓練ですよね。難しいなぁといつも思います。
私も大会に出ようとかの目標があるわけではないので、ヱビスが安全に散歩出来るように、基本的な事はもっとしっかりやらなくちゃと思います。
日々精進ですね!!

>ゆみ。さん

パピーの頃はわかっていなくてできないので
教えるとすぐできるのですが
(なので、必ずしも自分で教える必要すらない)
大きくなると、わかっていてもやらないという面倒なことをしだすので
ハンドラーたる人間側のスキルが問われ始めます(-_-;)

きっと、私がもっと経験豊かなわかりやすいハンドラーだったら
モフに苦労をかけることもないのにな~と
思うことも多いです。
日々精進あるのみですね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/541-2d038fc1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

未確認生物の撮影に成功しました(ノ∀`) «  | BLOG TOP |  » 救助犬検定に向けた訓練 24回目♪ ~捜索編~

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。