topimage

2017-04

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

調子に乗ってる犬、『はまひるがおの小さな海』、北海道にないもの - 2012.05.13 Sun

IMG_6671.jpg

今朝は昨日寝るのが遅かったので寝ていたかったのですが
白黒な人の猛烈アピールにより
6時前に起こされました(=_=)

IMG_6632.jpg

新しい海の遊び場ですが
途中↑のような部分があり
潮の状況によっては道がなくります(゚∀゚ )

今朝は細く残っていたのですが
モフはドキドキしながら通っていました。
かなり海には慣れた気がします。

IMG_6700.jpg

最近、明らかにモフが調子に乗っています。
なんというか自信に満ち溢れている感じ。
今日は2メートル以上ある
壁を登りそうになりました。
途中で制止したので
登るのをやめましたが
なんか止めなければ普通に登れそうです。

IMG_6667.jpg

↑こんな壁です。勢いをつけて普通に
駆け上がれそうな感じでした。

岩場でも、いつの間にか
私が指さす岩にのるようになっていて
大きな岩でも、ルートを順番に指さしたら
登るようになりました。

なんか、もう怖いものなしです。

IMG_6677.jpg
↑大きな岩に座る犬。後ろに瀬戸大橋

反面、負の方向にも
その自信は発揮され……
りば子が馬に人参をあげようとしたら
馬に怒ったりします。
たぶん、私がいればそんなことないのかもしれませんが
りば子と二人だとモフも調子にのるようです。

あとは鳥追いがすごいです。
壁に登ろうとしたのは
鳥を追いかけていこうとした時でした。

なんというか、すごくヤンチャです。
まあ、制止が効くし
普通に言うことは聞くので、
特に困ることはないんですけどね~
なんかたまにモフの態度がムカツキますヽ( ´_つ`)ノ

IMG_6693.jpg

IMG_6697.jpg

ここの海岸ですが、一面に
ハマヒルガオが咲いています。

IMG_6688.jpg
↑こうやって撮影すると、レンズのピントがあう範囲がよくわかりますね
200mmのレンズで絞り開放だと、これくらいしか被写界深度がないようです。


ハマヒルガオを見ているうちに何か
心にひっかかるものがあって
よく考えてみると
小学校のころだったと思いますが
国語の教科書に『はまひるがおの小さな海』という作品があったのを
ふと、思い出しました。

そのころハマヒルガオという植物を見たことがなく
なんとなく「見てみたいな~」と思った
記憶が蘇ったようです。

話の内容はあんまりよく覚えていません。
たしか、岩場に波で海水がやってきて
岩の窪みに溜まったような
『小さな海」を舞台としたお話だった気がします。

干潮でそこに取り残された魚と
そのそばに生える孤独なハマヒルガオが
友達になるんですが
魚はそこでは狭くて生きられなくて……
ハマヒルガオはせっかくできた友達なのに……

というようなお話で結末が思い出せません(゚∀゚ )

でも、この遊び場
本当に『小さな海』があるし
ハマヒルガオも自生しています。
こういうところが舞台だったんですね~

まあ、子供の夢を壊すと
小さな海ができるくらい海水が来る場所までは
さすがにハマヒルガオは自生しないようですが(゚∀゚ )

IMG_6687.jpg

ハマヒルガオに限らず
子供の頃に見てみたいな~と思ったものが
大人になってから見れたことがたくさんあります。

なんでそんなものがたくさんあるかというと
北海道と本州って動植物をはじめとして
いろんなものが全然違うからです。

そのくせ、情報としては
北海道にも本州の情報がくるので
(テレビや本等)
写真とかでは見たことがあっても
実物を見たことがないものってたくさんありました。

その一つが、カマキリ(笑)
道端で大きなカマキリを見つけると
いつもじっと観察してしまいます。
大きなカマキリを見ると
いまだにテンションが上がりますヽ(´▽`)/

小さい頃、なんとかしてカマキリを見つけようと
子供なりにがんばって探して
なぜか家の庭にあるアスパラで
小さいのを見つけたことがあります。
北海道でもカマキリの卵が売ってたから
どこかから逃げてきたんでしょうか。
今考えるとすごく謎です。

実はカブトムシも基本的には北海道にはいません。
クワガタはいるんですけどね~
(たぶん、オオクワガタとかヒラタクワガタはいません)
まあ、カブトムシは高価ですが
北海道でも売ってるので
そんなにテンションはあがりません。
今は微妙に自生しているかもしれません。

あとは、お城。
北海道には本格的な城郭がありません。
小さい頃は、
日本の名城プラモデルで我慢してました(゚∀゚ )

日本の歴史、特に戦国時代なんかは
北海道はほとんど登場しないので
子供の頃、戦国マニアだった私にとって
中国から近畿にかけては
お城やら川やら地名やらで幸せになれる場所がたくさんあります。
ちなみに私は天守閣にはあんまり興味ありません。
石垣、壁、門とかそういうものが好きです。

IMG_6691.jpg

IMG_6694.jpg
↑瀬戸大橋は向こうですよ~

あと、北海道でも入学式の飾りなどは
桜をモチーフにしたものが多いのですが
札幌なんて普通にまだ雪が残っていたりするわけですよ。

子供ながらに
「入学=桜」
のイメージがピンと来てなかったのですが
大学の時に、やっと実感できました。

日本の暦というのは、どうも近畿地方ベースで作られているようで
北海道にいると全くピンと来ないものがたくさんあります。

お正月関係も全然ピンとこなかったような気がします。
羽根付き、凧揚げってなんか冬の北海道のイメージと一致しません。

IMG_6704.jpg

IMG_6705.jpg

私はどうも小さい頃、
鉄道マニアだったらしいのですが
本人としては、全然記憶に残っていません。
記憶に残っていたら、
新幹線をはじめとした本州の鉄道は
私のテンションを上げていたに違いありません。
今はどちらかというと
私は電車が嫌いです(笑)
移動手段では飛行機を優先して選びますね。

なんか、小さい頃の思い出ばかり書いてしまいました……


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

北海道にはゴキブリもいないそうですね。ちなみにつきこ地方(会津)にもいません。
実家(神奈川)には家にも学校にもいました。
こちらにはムカデも居なくて嬉しかったですが、かわりに「くさむし」(クサカメムシ)とか言うらしい
がゴッソリいたりします。ちなみにカマキリの卵はこちらにはあります。

泊まりに来ていた旦那さんのお兄さんの奥さんが「大変!蜂の巣があるよ!!」
って見に行ったらカマキリの卵だったことがあります。

ゴキブリが北海道へ渡ったのは「青函トンネル」ができたからって聞いたこことがあります。
カマキリの卵もきっと何かの積荷についてたのかもしれませんね(#^.^#)

それにしても、海イイ・・・。

海の満ち引きって思ったより早く満ちてきたりして
慌てることってありませんか?
わが家は海大好きなのでモフ家がうらやましいです。

丁度今日の夕食の時に、北海道の歴史に着いて話してたんです。
北海道開拓時の話やアイヌ語について、などでしたが。。。
父が青森出身なんですが、近くても全く違うって今日も言ってました、
ほんとなんですね~

>つきこさん

そっちもゴキブリがいないんですか!
北海道だけだと思っていました。
あと、北海道はスギとかヒノキがないので
花粉症も少ないです。

カマキリの卵はカゴに入って
北海道のペットショップではよく売っていました。
こっちでは全然珍しくないんですけどね~
温かくなってくると
店先で卵が孵化して
小さいカマキリが行列になって外へ出ていってましたね(笑)

>みっちさん

私とモフはそもそも潮の時間を一切見ないで行くので
慌てたことはありません(笑)
まあ、道がなくなったら
上に(道路)上がって帰れば帰れます。

津軽海峡は生物学的に境界になっているので
動物や植物がかなり変わります。
気候も津軽海峡以南は温帯で
北海道は冷帯ですから結構違います。
歴史も浅い土地で
全国から人が集まって開拓した土地なので
文化がごっちゃになって
アメリカみたいな雰囲気かも。
冠婚葬祭が一番シンプルな地方だと思います。

やっぱり北海道っていろいろと違うんですね~。
でもゴキブリがいないのは羨ましい!!すごく!!
九州は(少なくとも福岡、佐賀は)毎日がゴキブリとの戦いです。笑
どんなに家をきれいにしてても隣接するお宅がちょっと頂けない感じだったり、飲食店が近いとかなりの確率で出会います。
ムカデなんかと違って攻撃性はないのになぜあんなに気持ち悪く嫌がられるんでしょうかね~?
とはいえ、私も大っ嫌いですけどね。あの予測不可能な動きがいけないんでしょうかね?

お正月の羽根つきや凧揚げって土地柄というより、もう時代が違うような気がします。
私の子供の頃に凧揚げや羽根つきなんてした事ないし、している人を見た事もありません。
でもカレンダーの絵とかにはやっぱり良く出て来ますね。

ハマヒルガオ懐かしいです~。
私は海育ちですので、ハマヒルガオはよく知っていますよ。
逆に未だに実際に見た事がないのは「かまくら」です~。
ちなみにスキーは未だに未経験です。

>ゆみ。さん

私は意外とゴキブリに対する先入観なく接することができたので(?)
最初はそんなに気持ち悪いと思いませんでした(笑)
今は社会的な流れに流されて
気持ち悪く感じるようになった気がします。
大人になりました(笑)

そういえば、こっちでも凧揚げはともかく
羽根つきなんてしてないですね(除 バドミントン)

かまくらって結構製作に手間がかかるし
子供の力では難しいので
あんまり作ったことがありません。
札幌だと小学校からずっと無理やりスキーをやらされますが
その反動でスキーをやらなくてよくなってから
全くやってませんね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/564-b4183844
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ブラッシングって «  | BLOG TOP |  » 犬の社会保障を考える、ボーダーは100匹に1匹くらい?

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

03 ≪│2017/04│≫ 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。