topimage

2017-10

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

災害救助犬夏季合宿訓練会に参加 その2 - 2012.07.10 Tue

blog-8186.jpg

今回の合宿ではっきりした
救助犬のタマゴとしての、モフの課題
それは、「ハンドラーのコントロールの下で捜索すること」です

あれ?
これってシープ体験の時にも同じことを言われたような……

モフは捜索するのが楽しくて仕方ない
そこまではいいんです。

問題は「楽しくて仕方ないから自分だけでやりたい!
っていうかロスさんちょっとウザい(笑)」
と思っていること

スタンドプレーが大好きなんです。

今まで、服従訓練と捜索訓練は独立して進んできましたが
ここでやっと二つが交差してきました。

モフは捜索する意欲も高いし
ヘルパーさん(捜される人)への執着も高い。
これはいいんですが
完全には私のコントロール下に入っていないのが問題です。

私が「サーチ」とコマンドして
モフを送り出すときはこの問題は顕在化しません。
だって、モフは捜したくてしかたないんですから♪
むしろ「早く捜しに行かせろ!」って感じでしょう。

blog-8167.jpg
↑野外での訓練場所 すごい霧でした。

問題が顕在化するのは
撤収命令のときです。
ヘルパーさんを見つけて、モフが吠えて知らせます。
そこでヘルパーさんと遊びながら帰ってきて
私がモフを呼び戻したときに
モフがきちっと帰ってこないでフラフラします。
モフにしたら、やめたくないんでしょう。

今はモフが捜索したいからやっているだけです。
捜索より魅力的なものがあったら
そっちに釣られてしまうでしょう。
捜索中に不意に鳥とかが飛び立ったら、
そっちに注意を取られて
追いかけて行ってしまうかもしれません。

今回の練習では、私のコントロールの下で捜索させる練習をしました。
ハンドラーの許可があるから捜索ができるということと
私の呼び戻しは絶対であることをモフに教えることです。

具体的には、モフを捜索に送り出す前に
モフを煽ります
「捜しに行きたいよね~ 捜すの楽しいよね~」と
モフを煽りながらも、
「サーチ」コマンドは出さずに待たせました。

呼び戻しの時にモフがフラフラ別のところへ行ったら
リードをモフに投げつけました。
モフは「悪い悪い! ついやっちゃった~」と戻ってきました。

結果ですが
う~ん、私が言いたいことが
少しはモフに伝わったかな……

これはモフと私の関係の問題。
モフの意識の問題です。
服従訓練で抱えている問題と全く同じところから端を発しています。

ワンコには3回くらい反抗期があるらしく
男の子はそれが顕著だそうです。
1回目は10か月から1歳くらい
2回目は2歳の頃
3回目は3歳の頃

モフはちょうど2回目に突入しそうです。
いや、もう突入してるかもしれません。
反抗期は、ハンドラー側が慣れてしまって
ワンコをあまり褒めなくなることや
ワンコ側が人間の生活パターンを理解して
その隙を狙って自分のポディションを上げようとすることから起こるようです。

反抗期には力で押さえつけるのではなく
基本にもどってしっかりとリーダーシップをとることが大切だそうです。

いいこと聞きました♪

飼い主が飼い犬に噛まれる事件がよく起こるのは
この反抗期の時が多いらしいです。

blog-8181.jpg

普段から疑問に思っていたことを、
時間がたくさんあったので
先生に聞いてみました。

それは、私は常にモフに対して
キッチリしていないといけないか?
ということです。

答えはYESでした。

具体的には、
夜、私は仕事で疲れて帰ります。
モフは昼間ゆっくり休んで万全のコンディションです。
最悪のコンディションの私と
最高のコンディションのモフが散歩へ行くわけですよ(笑)

そうすると、モフの溢れるエネルギーに負けてしまって
多少モフが勝手なことをしても
「まあ、いっか」と思ってしまいます。
いままでここで踏みとどまることができなかったと思います。

先生の答えはそれは基本的にダメということです。
別に常に脚側歩行をするとか
そういうことじゃなくて
モフの意識の中に私の存在が
大きくなければいけないということです。

私との関係では(りば子とモフの関係は別)
モフは常に私のコントロール下にいないといけない。
それは結構大変なので
具体的なアドバイスとしては、
もうちょっと長いリードを使うこと
ダメとかNOとか言うのではなく
淡々と歩くことだそうです。

服従訓練と捜索訓練が同じ壁にぶつかりました。
これを超えることができれば
もっと先に進めると思っています。

blog-8180.jpg

ここ数日、私の意識を変えてモフと向き合ってみました。
するとモフにも変化が現れてきました。

まだ常にというわけには行きませんが
(特に散歩の往路は厳しい、復路は楽)
モフが私を意識して歩くようになりました。
試しに何も言わずに
私がゆっくり歩けば、モフもゆっくりと歩きました。
私が早く歩けば、何も言わなくてもモフも早く歩く。
ちょっといい感じ♪

さて、私はいつまでこの意識を継続できるでしょうか(笑)?
今までは何度も途中で
「本当にこれでいいのか?」と迷いが生じて挫折しましたが
今度こそ!


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

ロスさん、こんばんは*~-~*

すごいですね~*~-~*
記事の内容もすごいし、お写真もとってもキレイですごい☆
ロスさんもモフちゃんも進化し続けるんですね(^-^*)

タメになる授業を聞いた感覚になりました♪
ありがとうございました(^-^*)ノ

わぁっ!認証用キーワードが5555ですって~
なんだか感激~\(~o~)/

>みくふうさん

うわさではシェパードやラブならもっといろんなことが楽とのこと…(笑)
まあモフ家はボーダーコリーが好きなので
これでいいんですけどね♪

認証用キーワードがぞろ目とかだと
わくわくしますよね~


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/600-9e1cc346
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モフモフな北海道旅行 犬はどこから飛行機に乗るのか? «  | BLOG TOP |  » 災害救助犬夏季合宿訓練会に参加 その1

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

09 ≪│2017/10│≫ 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。