topimage

2017-08

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

借りぐらしの - 2013.04.30 Tue

20130428-2013_04_28_IMG_0932.jpg

スタジオジブリの作品に
『借りぐらしのアリエッティ』というのがありました。

あの映画を見たときに
私もりば子もなんかデジャブを感じました。

よく考えると、
我が家にも借りぐらしの人達がいたのです。

まあ、彼らはこのブログを書き始めた時から
我が家に住んでいたのですが
このブログが当初モフの成長記録という位置づけだったので
登場していませんでした。

なんかの機会に登場させてやろうと思っていたので
今回思い立って登場させてみました。

モフより先住のモフ家のペット(?)です。

20130413-2013_04_13_IMG_0834.jpg

我が家では敬意をこめて「先生方」と呼んでいる
フェレット×2です。
茶色の方が、♂で「もっこ」(モッちゃん、ハメーとも呼ばれてる)
白の方が♀で「あやの」(アーちゃん、ニャントワとも呼ばれてる)
名前が気まぐれなのは
私とりば子が好き放題に呼んでいるからです(笑)

二人ともそれなりにご高齢で
イタチの寿命の後半に差し掛かっています。
あやのより1歳年上のもっこはフェレットの三大疾病である
インスリノーマ(低血糖症)の兆候が出始めています。

20130413-2013_04_13_IMG_0827.jpg

20130413-2013_04_13_IMG_0828.jpg

モフと先生方は仲良くできるのか?
と思うかもしれませんが
モフと先生方は「まあまあな関係」です。
たまに喧嘩もします。

モフの方は尻尾を振って見たり
なんとかフレンドリーにしようとしているみたいですが
先生方はモフが小さい頃はともかく
今は体重が20倍近くあるので
あまり関わりたくないみたいです。

でも、もっこは1キロちょっと、
あやのは1キロもないと思いますが
イタチは戦闘力が半端なく高いので
いざ戦いになるとモフと互角に戦います。

喧嘩の原因はたいてい、ささいなモノの取り合いです。
ともに意地っ張りらしく
どちらの陣営にも必要がない
トイレのペットシーツを取り合っていたりします……

先生方の戦い方は面白くて
広いところでは、先生方に勝ち目はないので
狭いところに隠れてゲリラ戦を展開します。

そして、先生方の中では
モフは自分たちの下らしく
上から目線で見ているようです。

20130413-2013_04_13_IMG_0832.jpg

20130413-2013_04_13_IMG_0833.jpg

まあ、このイタチという動物
ほとんど一日中寝ているうえに
好き放題やっているので
ほとんどメンテナンスフリーな生き物です。

フード(専用のドライフード)と水をあげて
ケージを掃除してあげれば
(中にペットシーツを敷いていて、
その上に張ったハンモックに潜って寝ている)
基本勝手に生活しています。
たまに扉を開けておいてやれば
勝手に遊んで
部屋のどこかで寝ています。
(たいていタンスの一番下の段の中)

イタチは収集癖が半端なくて
しかも知能が異常に高く
何でも持って行って自分の寝床に運びます。
モフのおもちゃはかなりの確率で運ばれています。
モフが現行犯で現場を押さえて、喧嘩になるんです……

家の鍵を持っていったこともあるし
テレビのリモコン
モフの牛骨等
小さな体でどうやって運んでいるかわからないものだらけです。
モフのおもちゃは必ず先生方の隠れ家に回収されています。

今は先生方がソファーの下側に穴をあけて
ソファーの中でたまに寝ています。
おかげでソファーはボロボロです……
犬より破壊的な生き物です。
そして、ソファーの中にいろんなものを運びこんでいます。

モフの最大の仕返しは
先生方のために置いてある
フードを食べることです。

20130413-2013_04_13_IMG_0830.jpg

トイレについては不思議と理解しているのか
モフのトイレで用を足します。
ただ、モフが来てからは余裕がないのか
たまに変なところで失敗します。

あと、自分たちのケージから出ているときは
勝手にモフの水飲みから水を飲みます。

知能の高さは異常で
この前は勝手に冷蔵庫を開けて
自分たちのドライフードと
サプリメントを袋ごと運んでいました。

そして、こんなに頭がいいのに
人間の言うことはまず聞くことはありません。
そこが犬という動物と全く違うところです。
人間の手を強く噛んではいけないということは
なんとなく理解しているようですが
呼び戻しもできないし
「なんで私たちが人間の言うことを聞かないといけないわけ?」
とでも言いたいように、好き放題やってます。

でも、人間と遊ぶのは好きらしく
遊んでやると、正にイタチごっこでエンドレスです。

20130413-2013_04_13_IMG_0829.jpg

鳴き声は、ククククとかコッコッコッと渋く低い声で鳴きます。
普段は無口で、楽しいときは
コッコッコッと声をだします。
威嚇するときはシューと言います。
この辺はネコっぽいです。

なんか生き物としては猫と犬の中間に位置する気がします。

これからも先生方は
希に登場するかもしれません。
モフ城では
先生方は二階の子供部屋で生活してもらう予定です。

部屋をイタチ対応にするのは大変なので
1Fは勘弁して二階のその部屋をイタチ対応にしようと思ってます。
イタチ対応とはイタチの手の届く場所に
危ないものを置かないように注意することです。
これはかなり気を使います。
この先、先生方はどんどん老いて
モフと対等に戦えなくなると予想されるので
基本、この部屋へのモフの出入りは禁止にします。
専用のエアコンも設置予定です。

どうでもいいことですが
あやのは芸能人のある人に似ている気がします。
TVで見るたびにそう思います。


一日一度押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村

『モフモフな生活』全記事表示は
こちらです。
関連記事
スポンサーサイト

● COMMENT ●

上○彩か剛○あやめですか?

こんな仲間たちがいたとはw

昔、フェレットのお世話を頼まれて、お掃除しに行ったら、
ゆっくりと近づいてきて私の足を両手でつかみ、
カプっとやられたことがあります。
あまりにゆっくりの動作で私もじっくり見てしまいました。
ゆっくりだったので攻撃ではないんだろうなと思っています。

えっえ~!!
ほかにも家族がいたんですね~びっくりです

ロス家では、名前がコロコロ変わるのはモフ君に始まったことではないんですね(笑)
最近はモフ君、名前が定着しているような気がするんですが、家ではやはり色々変わってるんでしょうか?

フェレットはその自由さを見て癒される生き物なんでしょうか?
なんだかおしりとかで、踏み潰してしまいそうで怖い・・・

知らなかったです!
仮暮らしのフェレッティ(無理矢理)さんたちがいらっしゃったとは!
れ、冷蔵庫を開ける!?
なんて頭の良い生き物なんでしょうか!
モフくんには先輩がいたのかー
なんだか不思議な感じです。
先生方、これからもよろしくお願いいたします。←なぜ。

やっと登場ですね、フェレット先生。
モフ君とそういう風に接しているとは結構意外でした。お互い干渉してないのかな〜?と勝手に思っていました。面白い関係ですね。
しかし、フェレットってそんなに知能が高いんですねー!!知りませんでした。
フランスではウサギ猟にも使われていた?使われている?らしいです。
先生方も引っ越し大変ですね。新しい環境にも早くなれるといいですね!!

フフフ…可愛いですね♪
フェレット♪ペットショップでよく見かけます。
確かにいつも寝ている気がします。
そういう習性の生き物なんですね~。

以前勤めていた会社のラットが自分のケージを抜け出し、
隣のケージの餌を全部自分のケージに入れて、また自分のケージに戻ってちゃんと蓋をしていたことが有りました。

言われなければ気がつかなかったけど、イタチってずる賢いイメージありませんか?

>アサノさん

小動物系の顔をしたタレントさんはけっこういますね~
我が家では綾○はる○さんに似てると思ってます。
TVで見るたびに
「また、ニャントワがテレビに出てるね~」と会話してます。

フェレットは人間の手と胴体を別だと思っている子がいるらしく
人間の手だけ持っていこうとして
噛まれることがよくあります。
彼らの収集癖のひとつかもしれません。
まあ、迷惑なんですけど(笑)

モフとイタチが喧嘩しているときは
ガチで噛み付くらしく
巻き添えを食らったことがありますが
それはもうあの体の小ささから想像できない痛さでした。

>みっちさん

モフも呼び名がコロコロ変わっていますが
先生方ほどは変わっていませんね。

フェレットはほんと「借りぐらし」をしている感じで
勝手に必要なものを持って行って生活しています。
たまに遊んで癒される感じでしょうか。
まあ、犬を飼っている人からすると物足りない感じかもしれません。

ただ毛皮はすばらしいので
手触りは最高です。
あと、散歩は要らないし
餌と水とお部屋の掃除くらいしておけば
自活して生活しています。
しかも、フードも自分で食べる量を勝手に調整するので
適当に入れておいて
なくなったら足す感じです。

>ぶひこさん

そうですフェレッティさんたちは
アリエッティたちほど慎みがないので
何でも豪快に持っていきます。
しかも持っていくのが目的で
持っていったあとは特に何も使わないものばかり持っていきます。

頭のよさだけでいったら
普通に犬くらいの知能はありそうです。
最強のハンターと呼ばれているだけあって
戦闘力が高いので
小型犬だったら普通に負けるかもしれません……

>ゆみ。さん

もともとヨーロッパで狩猟用の動物として飼われていたものが
アメリカに渡ってペット化されたようです。
アメリカを中心にブリーダーがいくつかあって
それぞれ特色があるフェレットを出しています。
ヨーロッパ系はもともとの気質が強くて
大柄でちょっと凶暴なのが多いみたいです(笑)

先生方はモフよりも環境適応力がありそうなので
むしろモフが具合悪くならないといいなと思っています。

>つきこさん

少なくても一日の3分の2以上は寝ている気がします。
そして眠りが異常に深いので
どこかに潜り込んで寝てしまって
行方不明になることが多々あります……
まあ、そのうち出てくるんですけどね。
なので引越し中は厳戒態勢をとって
外に出さないようにしています。
箱に潜り込んでしまって
箱をしめてしまうと
完全に行方不明になるからです……


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mofqukey.blog136.fc2.com/tb.php/753-bd398b63
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

モフ家の引越し① «  | BLOG TOP |  » ハードな一日

twitter

mofmof_borderをフォローしましょう

最近の記事+コメント

プロフィール

ロス&りば子

Author:ロス&りば子
名前:モフ
(ニックネーム ブーさん)
血統書名:
BRAMANTE OF WAN WAN APART MIKI JP
モフの血統書のリンク

生年月日:
2010年7月20日生
愛知県の山本ファミリー出身の
ボーダーコリー(♂)です。

お母さん:エリス

災害救助犬の検定に
合格すべく訓練に励んでいます。
今年冬の検定に向けて
服従訓練や捜索訓練をがんばっています。

<その他登場人物>
ロス
男飼い主
職業:プロセスエンジニア
甘いもの好き

使用カメラがEOS 7Dになりました。
使用レンズ
①Canon EF-S15-85mm F3.5-5.6 IS USM
②Canon EF-70-200mm F4L USM
③SIGMA 30mm F1.4 EX DC HSM

リバ子
女飼い主
ぐうたらだが時に破壊的な
典型的な女性的性格
馬好き

ブログランキングに参加してみました。
一日一度下のバナーを押していただけると
モフ家が幸せになれます(ノ∀`)
にほんブログ村 犬ブログ ボーダーコリーへ
にほんブログ村








ボーダーお迎え検討中の方へ

カテゴリ

未分類 (0)
成長期 (96)
血統書 (2)
8ヶ月~1歳 (93)
1歳~2歳 (176)
2歳~3歳 (99)
3歳~4歳 (6)
救助犬訓練 (89)
ワンコと住む家 (40)
カメラ (28)
北海道 (22)
ワンコエッセイ (27)
病院 (5)
女飼い主編 (5)
ディスク (15)
山登り (6)
高校米国留学 (1)
その他 (2)

カレンダー

07 ≪│2017/08│≫ 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

モフが生まれてから

メールフォーム

こっそりモフへメッセージを送りたい方はこちらから♪

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク

このブログをリンクに追加する

ブログランキング

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。